食事で摂れる貧血対策はレバーだけ?

貧血時には鉄分が足りておらず、身体は常に鉄を欲している状態です。

女性は特に月に一度の生理がやってきます。

生理時は常に血液が流れ出る状態ですので、普段からある貧血も更に悪化してしまいがちです。

一日に必要な鉄分量を一日3食だけで摂取しようとしてもなかなか難しかったり、それを気にすることが逆にストレスになってしまったり・・・。

そもそも鉄を多く含む食材とは何でしょう?

誰もが知っている代表的な食物は、レバーです。

病院に行ったときには、貧血時にはレバーを食べなさいとよく言われたことはありませんか?

しかし、レバーだけでなく、意外と知らない、鉄分を多く含むあんな食材やこんな食材があるのです!

いくつかご紹介します!

鉄を多く含む食品

・レバー
・かき
・干しそば
・かつお
・春菊
・ほうれんそう
・ パセリ
・そば
・ひじき
・シジミ
・プルーン
・レーズン等

また、鉄はビタミンCと一緒に摂取することで体内に取り込まれたときに吸収がよくなるので、できるだけ効率良い吸収を目指して、ビタミンCと一緒に摂取することを心がけましょう。

ついでに、ビタミンを多く含んだ食材もいくつかご紹介しますね。

「ビタミンCを多く含む食品」

・ブロッコリー
・れんこん
・さつまいも
・小松菜
・カリフラワー
・キャベツ
・キーウィフルーツ
・レモン
・オレンジ
・いちご
・柿

また、赤血球を作る上で必要な栄養素がビタミンB12です。

「ビタミンB12を多く含む食品」

・ブロッコリー
・ほうれんそう
・グリーンアスパラガス
・トマト
・カリフラワー
・レタス
・キャベツ
・玉ねぎ
・にんじん
・バナナ
・ピーナッツ
・いちじく
・くるみ

また、これら食材だけでは十分な鉄分補給が難しいという場合は、サプリメントを利用しましょう!

サプリメントは、健康食品なので副作用もなく吸収も良いのが特徴です。

また、いつでもどこでも手軽に摂取できるというメリットがあります。

レバー以外でも鉄分摂取は可能です。
これらをぜひ取り入れていきましょう!

コメントは受け付けていません。