陰性と陽性の食べ物を知ってそれでも冷えが改善しない時に頼りになるサプリ

食物は「陰性」と「陽性」があるのをご存知でしょうか?

食べ物の特徴を知って効果的に取り入れる方法

「陰性の食物の特徴」
身体を冷やす。
血管・腸管など身体を緩める作用がある。

「陽性の食物の特徴」
身体を温める。
血管・腸管など身体を締める作用がある。

「陰性の食物」(代表的なもの)
アボカド・バナナ・オレンジ・リンゴ・ナス・キャベツ・トマト・砂糖・泡盛・お酢・ミネラルウォーター・牛乳・コーヒー・青汁・緑茶・ゴマ・ワイン・ウコン

「陽性の食物」
豚肉・ラム肉・牛肉・鶏肉・鯖・鮭・卵・梅干・塩・味噌
などがあります。

一見、陰性食品は身体を冷やしてしまう作用があり健康に悪そうだ・冷え性になりそうだと考えがちですが、それは間違っています。

陰陽のバランスが成り立っていてこそ、私たちの身体は「健康」といえるのです

しかし、身体が極度に冷え性だと感じている人は、バランスも大切ですが、陽性の食物を積極的に取り入れるべきです。
なかなかバランスが保てないのが現代の食スタイル。

本当に健康的でバランスの良い食事ができているのは、塩分を測りカロリーを計算し、食物をチョイスして調理している病院くらいです。
自分たちで食事バランスを考えてチョイスし調理し食すことはなかなか難しい中、そのバランスを助けてくれる食品があります。

冷え性の人にお勧めしたいそのサプリは「水素」。

水素の取り込まれた水素水(市販も有り)を飲むことによって冷え症の身体を効率よく温めてくれる(血行促進)効果が期待できます。
水素には、
・血行促進、血流促進
・新陳代謝アップ
・老廃物の排出
・活性酸素の除去(老化防止)
・すばやい疲労回復
・免疫力アップ
などといった効果があります。

縁の下の力持ちというだけあって、水素を身体に積極的に取り込むことによってさまざまなサポートをしてくれます。
飲むだけなので、これまた楽ちんなのですね。

ぜひお試しして欲しい食品です。

コメントは受け付けていません。