鉄欠乏症が招く喉の違和感は早めの対処で症状改善

鉄欠乏性貧血により喉に違和感が表れて着ている人は要注意です。

・喉の違和感(のどが痛い)
・喉の異物感
・喉に小骨が刺さったような感じがする
・喉に染みるような痛み

これらが持続している、また長期にわたり気になっているという人は今すぐに医師の診断を受けるべきです。
これらの症状で分かる病気は「下咽頭癌(かいんとうがん)」。癌です。

この癌は下咽頭という喉の一番下の部分にできる癌のことです。

主に喫煙や飲酒が原因といわれていましたが、飲酒喫煙習慣が一切ないというある女性がこの下咽頭癌を発症してしまいました。

飲酒喫煙以外にも危険因子がある?それが貧血です!

女性の下咽頭癌患者のほとんどが、長年にわたり鉄欠乏性貧血を患っていたというデータもあります。

鉄分には、粘膜を正常に保つ作用がありますが、この鉄分が不足することによって貧血になると共に、粘膜を正常に保てなくなるということです。

これによりがん細胞に抵抗できず、下咽頭癌を引き起こしてしまったのです。これは、喉の異常が出始めてからでは遅い場合があります。

ですので、日ごろから鉄分摂取を心がけ、鉄分不足(貧血)を防止・予防するよう努めましょう。

このように貧血は恐ろしい病の引き金になってしまうため、日常生活の中で気にかけていくことが大切になります。食材で十分な鉄分が摂取できない場合は、鉄サプリメントを取り入れるなどして、不足を解消しましょう。

サプリメントは健康食品ですので、胃腸に優しく副作用もない、また効率のよい吸収、時間や場所を選ばずに手軽に摂取できるという利点があります。

これで健康が守れるというなら一石二鳥ですね。
鉄分和埔里を持ち歩くなどして日々の貧血防止に努めましょう。

コメントは受け付けていません。