鉄分不足?ある時・無い時の身体のサインについて

鉄分不足になると、血中ヘモグロビンの数が減少します。

ヘモグロビンは赤血球中の赤い部分で、身体へ酸素を送り届ける働きをしています。
これらが減少することにより、身体へ酸素を届けられなくなり酸欠を起こします。

そうなると貧血を起こしてしまうのです。
鉄分不足だなと感じる時の身体のサインとして、

・立ちくらみ
・めまい
・冷や汗
・吐き気
・頭痛
・気分が悪い
・目の前がチカチカする
・疲れやすい(疲れがなかなか抜けない)
・動悸
・息切れ
・イライラする

などの症状が出てきます。
このように身体からのサインは、鉄分摂取のタイミングです。

鉄分を積極的に摂取することをお勧めしますが、急に鉄分を多く含む食材を摂りなさい!といわれてもできませんよね。

そのような時の救世主が鉄サプリメント

鉄サプリメントは飲用するだけで、すばやく鉄を摂取することができます。
場所を選ばず手軽に摂取できることが利点です。

その他にも、食材から摂るより吸収が良いという点や、胃にやさしく副作用もない事から、安心して身体に取り入れることができるため、人気のサプリメントでもあります。

しかもこのサプリメント、食材から鉄を摂取するよりも吸収が良いといいます。

マルチビタミンなど(ビタミンCやビタミンB12)と一緒に取り込むことによって、更に鉄の吸収を高めてくれます。
特に女性は月に一度の生理時に、ほとんどの人が貧血になりやすいといいます。

生理が始まると常に体内の血液が出ていってしまう状態のため、貧血の症状が現れます。

そのような、鉄分不足の身体からのサインが出始めたな、と感じたらすばやい鉄分摂取を心がけましょう。
辛くなる前の対処によって、身体の負担は大きく減ります。

コメントは受け付けていません。