鉄分の含まれる食べ物を食べてれば貧血は治る?

貧血によりさまざまな症状が起こり、日常生活や仕事に支障が出たりと、貧血は特に女性にとってはとても辛いものですね。

女性は、ほとんどの人が月に一度の生理も来るため、血液は体内から失われやすい傾向にあります。

一度の生理で約40mlの血液を失うことになるといいます。

貧血にもいろいろありますが、ほとんどの原因として「鉄分不足」が挙げられます

鉄分不足により、血中の赤血球とヘモグロビンが減少します。

赤血球は身体に酸素を運ぶ役割があり、赤血球中のヘモグロビンは身体に運ばれた酸素を細胞に引き渡すという役割があります。

その2つが減少することによって、身体に酸素が行届かなくなります。

そのため酸欠を引き起こし、それが原因で貧血を引き起こします。

鉄分を多く含む食材は?

鉄分を多く含む食材は、意外とたくさんあり、

・レバー
・ほうれんそう
・小松菜
・かき
・干しそば
・かつお
・春菊
・ほうれんそう
・ パセリ
・そば
・ひじき
・シジミ
・プルーン
・レーズン

(ほんの一部です)これらを積極的に食事に取り入れることで改善が期待できます。

しかし、食事だけでの鉄の吸収率は10%しかありません。

一日に必要な鉄分を十分に摂取するとなると、1日3食の食事だけでは正直補うことは難しいのです。

ですので、ただ単に鉄分の含まれる食べ物を食べてれば貧血は治る・・・というわけではないのです。

鉄と一緒にビタミンを摂取することで、ビタミンが鉄の吸収を助けてくれるので効率の良い吸収ができます。

このように一工夫加えることも大事です。

また、忙しいという人にお勧めなのが鉄サプリメント。

副作用もなく食物よりも効率よく吸収されます。
また手軽に摂取できるという利点もあります。

ぜひ活用しながら鉄分補給し、貧血を解消させましょう。

コメントは受け付けていません。