酸素不足から来る病気の正体は?

現代人は慢性的な酸素不足と言われています。

生活習慣病が目立ったり、環境汚染による酸素の減少や、大気汚染による酸素の汚れなどで、酸素がうなく身体に取り込めていない・呼吸が浅いといった特徴があるようです。
酸素不足を解消するにはちょっとした生活の見直しで改善することができますが、それに手が付かないのが現代人・・・。

面倒だったり自分は大丈夫だという考えが行動を起こさないのです

しかし、放っておくと、恐ろしい病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。そもそも酸素不足とはどのようにして起こるのか。
それは主に喫煙者に多い傾向にあると言われています。
タバコを吸うことにより、肺の細胞が縮こまってしまい、十分に吸えているはずの酸素を身体に取り込みにくくしてしまうのです。

細胞が縮んでしまうと当然です。

酸素不足は、簡単に、深呼吸を数回するだけで回復されるのです。
しかし、喫煙者はそうもいかず、取り込めるはずの酸素も取り込めなくなっています。

自分自身が酸素不足を呼んでいるのです

また、酸素がうまく吸えている(酸素不足でない人)の場合でも、血中の赤血球という酸素を運ぶ細胞と、赤血球の中に存在するヘモグロビンという酸素を細胞に引き渡す(細胞と結びつける)働きをしてくれる細胞があります。

これらが健康に機能していないと、取り込めているはずの酸素も身体に取り込まれないまま、酸素不足を引き起こしてしまうのです。
これらの働きを活発化させるには、鉄分の摂取が必要です。

鉄分は、赤血球とヘモグロビン不足を解消してくれます。
鉄分不足を解消することと、せっかく取り込んだ酸素をきちんと吸収できる健康な身体作りをすることが重要となってきます。

コメントは受け付けていません。