身体がだるい原因はからだの内側から水素で改善

身体がだるい・重いと感じた時にまず疑うことは、有無を言わずに疲れです。心身の消耗から疲労の慢性化による日中の眠さ、だるさなどもこれに該当します。

身体がだる重く感じる原因は何でしょうか?

デスクワークの肩こり人などであれば、長時間同じ姿勢でいるため全身の血行が悪くなりやすく、老廃物が滞り肩こり・目の凝り・浮腫み・腰痛などが引き起こされ、全身がダルく感じてしまうわけです。

一つが悪くなると連動して体が不調になります。

逆に体を動かしている人もアフターケアをしないと?

また、日中身体を動かしている人でも、アフターケアを滞ると乳酸が溜まったままになり、老廃物が流れず、浮腫みが発生するため身体の重さを翌日まで残してしまうことになります。

女性の場合では生理の時期は、下腹部に血液を溜め込む時期なので、下半身が重く、また生理痛も加わり身体中がダル重く感じてしまいます。

これらの主な原因は、血液の流れが悪くなっているために起こる「浮腫み」です。
浮腫みを解消するためには、やはり血流促進を図ることです。
血流促進を助けてくれるのが、水素です。

水素を体内に取り入れることによって、血流促進と同時に老廃物や悪玉の除去、また免疫力をアップさせてくれるのです。

身体のだるいには根本的な体の機能を発揮させることが一番簡単!

なぜなら、多様にストレスの渦巻く世の中で唯一自分の思い通りにすることができるのは自分の体と自分自身です。だから身体の根本的な機能を正常化せるには自分から改善する方向に動くことが大事なのです。

スポーツ後のアフターケアとしてアイシングやマッサージなどがありますが、水素を取り入れ体内からアタックをかけることによって、根本的な部分を改善することが疲労回復の鍵となります。

血液が健康でないと身体にはさまざまな症状が現れます

身体のだるさ・頭痛めまい・浮腫み・肌荒れ・食欲不振、他にも大きな病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

それを防ぐために、日ごろから積極的に水素を体内に取り入れ、免疫を上げておくと同時に、老廃物・悪玉を溜め込まない、血流促進効果で血液さらさらの健康体を目指しましょう。

すると毎朝起床時に、身体の軽快さを実感できるようになるでしょう。

コメントは受け付けていません。