足の冷えの時にはお灸を何処にすれば良い?

足の冷えに関して悩みを持つ人は多いと思います。

夏でも足先が冷えてしまったり、浮腫みが発生したり・・・。
冬に近づくに連れて、更に辛くなっていくケースがほとんどです。

以前は平気だったスカートも履くのが辛く感じたり、気がついたら膝や太ももが氷のように冷たくなっていたり・・・。

女性は月に一度生理の機能低下にも繋がる

その中足が冷えてしまうと、生理不順、生理痛が重くなったり、最悪機能低下も考えられます。

婦人病の原因のひとつとして、「冷え性」が上げられているくらい、女性にとって冷えは大敵なのです。
下痢、便秘、頻尿、生理痛の原因はほとんどが足の冷えから来るものだと言われています。

できたら改善したい冷え。

食生活を見直してみたり、適度な運動で血行促進を図ったり、半身浴、ストレッチを取り入れたりと自分ながらに工夫をしていても、それでも解消しない、改善しない・・・という人にお勧めしたいのがお灸です。

お灸は、鍼灸整骨医院でやってもらえます。(自分でお灸ができるキットも売っています)

冷え(特に足)に効くツボとはどこでしょう?

太衝(たいしょう)

探し方として、足の甲を出し、親指の爪の脇(人差し指側)から、親指の骨に沿ってなぞると指が止まる部分が出てきます。

ちょうど、親指と人差し指の骨が合う部分が太衝。
このツボを押すことによって血流促進が期待できます。

また、肉体疲労、精神的ストレス、眼精疲労、肝臓の疲れがある場合にこのツボを押すと痛みを感じることがあります。

ここのツボを押すということもとても効果的ですが、「温灸」が最も効果的だとされているツボです。要は温めることにより効果を発揮するツボです。

お灸ができないという人は、お風呂に浸かってこのツボを押しましょう。

お灸で温めることによって、すばやく血流促進され足がポカポカと温まり始めます。
太衝をこまめに刺激し、冷えの解消に努めてみましょう。

コメントは受け付けていません。