足の冷えの原因とメカニズム

冷えの原因は血行不良が主な原因とされています。

血行不良になるにも原因があり、食生活の乱れや睡眠不足、運動不足や薄着、冷たいものを摂取していることで身体が冷やされ、血行が悪くなり、神経系に異常が現れるのです。

特に手先や足先は心臓部から遠いところにあるため、血液が運ばれにくいのです。

上半身から太ももにかけてはわりと太い血管が、身体の奥の方に通っていますので、わりと温かい血液がその周辺には運ばれていきます。

しかし、身体の末端に行くに連れて血管は皮膚に近い位置に通るようになってきます。

それにより、温かい血液が運ばれてきても、足先まで届くまでに冷えてしまうというわけですね。
血行が悪いと、血液が運ばれる時間も長くなりますから、余計に冷えにつながるというわけです。

筋肉不足によって血行不良になることも有る

筋肉は血液を全身に運ぶポンプのような役割をしているため、このポンプが少ないことには、血液が身体の隅々まで運ばれないのです。届ける力がないのですから・・・。

ですので、足先の冷えを防止するためには、まずふくらはぎなどの筋肉を鍛えましょう。
また、筋肉を積極的に動かしてあげましょう(ストレッチ)。

椅子に座っていても簡単にできます。

足首を曲げたり伸ばしたりすることによって筋肉の伸縮運動になり、ポンプの作用を催してくれます。
時間があるときに試してみましょう。

足が寒い・冷えるからといって靴下やタイツの重ね履きをしているひとはいませんか?

これはNG行為!

一時的に寒さをしのげたとしても、時間が経つうちに血管を圧迫し、血行不良を引き起こしてしまいます。

良かれと思ってやっていた寒さしのぎは、実は血管を圧迫させる行為だったりするので、実行する前によく確かめてから実行しましょう。
正しい温活で、血行促進を図りましょう!

コメントは受け付けていません。