起立性低血圧|立ちくらみは冷え性

女性の皆さんは一度は経験のある「立ちくらみ」。
毎回のように立ちくらみに悩まされていては生活するうえでとても不便ですよね。

立ち上がる時や起き上がる時に、いつも立ちくらみが気になったり、立ちくらみを気にしての行動は足を引きずります。

立ちくらみはなぜ起きるのか?

実は血行不良によって引き起こしたり、悪化したりします。
血行や血流が悪くなると、起立性低血圧を引き起こします。

この血圧をコントロールする器官が厄介なもので、血圧が下がることによって、めまい立ちくらみ・動悸・疲労感・視野のかすみなどで生活に支障をきたします。
長時間立位姿勢でいると全身の循環血液量のうち、500?800mlは腹部や下肢に移動してしまいます
そうなると、心臓に戻る血液が激減してしまい、血圧をコントロールする器官の昨日が弱まってしまい、起立性低血圧症が起こるというわけです。

血液を送り出す力が備わっていて健康体であると、長時間の立位姿勢でもきちんと心臓に血液を送り戻すことができるため、血圧が維持されます。
起立性低血圧症の治療として、生活指導を含めた一般療法と薬物療法が基本です。

自分でもいくらか努力はしなくてはなりません

規則正しい生活はできていますか?
食事はきちんとバランスよく摂っていますか?
運動はしていますか?
十分な睡眠をとっていますか?
休息をとっていますか?無理はしていませんか?
ストレスを溜め込んでいませんか?

これらのことを頭において改善しようと努力することで、起立性低血圧の改善が期待できます。
それと同時に、冷え性も改善されるでしょう。

コメントは受け付けていません。