貧血からめまいと吐き気が起こることについて

貧血の症状として、めまいや吐き気などもありますが、これは身体が貧血状態にあることによる、身体からのSOSが出ていると認識してください。
貧血により日常生活に支障が出たり、仕事に支障が出たりするのであれば、それは重症化している可能性があります。

そのまま貧血を放っておくと将来大病を引き起こす原因ともなりますので早目の対処が必要です

貧血という状態は、身体が鉄分不足に陥っているということになります。
鉄分不足は、血中の赤血球や、赤血球中の中にあるたんぱく質ヘモグロビンの働きを阻止してしまいます。

赤血球は身体へ酸素を運ぶ働きをしており、ヘモグロビンは運ばれてきた酸素を細胞と結びつける(細胞に酸素を引き渡す)働きをしています。
鉄分不足により、これらが減少して、身体は酸欠状態になります。
それにより貧血を引き起こし、悪化するとめまいや吐き気などといった症状が現れてきます。

これらを対処するにはやはり鉄分補給です

食事の見直しをして、鉄分を多く含む食物をチョイスし、積極的に食事に取り入れていきましょう。
しかし、正直食事だけでは鉄分の十分な補給はできないので、そのような場合にはサプリメントを利用しましょう。

サプリメントは健康食品ですので副作用もなく安心して飲用でき、胃腸にも優しく、手軽に取り入れることができるという利点があります。
また、食物より吸収がよいとされています。

これに加え、ビタミンCやビタミンB12などを一緒に摂取することによって、鉄の吸収を助けてくれ、更に効率よく吸収することができます。
このようにして、身体を気遣い労わり、貧血などの不調な症状の解消をはかることで、自然と健康な身体が出来上がっていくのです。

コメントは受け付けていません。