血液検査でヘモグロビンが少ない貧血と診断されたら読んでおく内容

ヘモグロビンとは、血液中にある赤血球の、赤い色素のことです。ヘモグロビンは、身体の器官へ酸素を届ける役割を担当しています。

一般的な参考基準値として、男性男性13.5~17.5(単位:g/dl)、女性11.3~15.2(単位:g/dl)となります。

このヘモグロビンの数値が低くなると、身体に酸素が十分にいきわたらなくなり、貧血の症状が出始めます。最初は、めまい、立ちくらみ、そして動悸や息切れも起こります。

また、顔色が悪くなったり(青白く)爪や肌の色が青白く見えるようであれば、ヘモグロビン不足が疑われます。ヘモグロビン値が少なくなってしまう一番の原因として、鉄分不足があります。

ヘモグロビンを作っている主な材料は鉄です

豚レバーやマグロの赤身、ほうれん草などを鉄が豊富な食材そ積極的にとるよう心がけましょう。

また、妊娠中時は、胎児の血液は母体から供給していますので、どうしても母体の鉄分が不足しがちになります。

赤ちゃんに十分な鉄を含む健康な血液を届けるためにも、そして赤ちゃんを育てる自分の身体の健康のためにも鉄分を積極的に摂取することが大切です。

鉄分は食材だけで一日に必要な摂取量を達成しようとしても、なかなか難しいものです。

鉄やマルチビタミンのサプリメントをうまく活用

実は、食材からの摂取よりもサプリメントの方が吸収されやすく工夫されて製造されているのです。

よく内容を読んで、混ぜ物のない、できるだけ胃に負担のかからないタイプのサプリメントをチョイスしましょう。

サプリメントは健康食品ですので、副作用もなく安心して飲用できるのが利点です。
鉄分補給でヘモグロビン不足を解消しましょう!

コメントは受け付けていません。