血流促進薬に頼るより水素を取り入れて根本から改善

生活習慣病が出回る世の中。慢性、急性などの動脈閉塞や末梢血管などの循環器障害、深部静脈血栓症などにも動脈、静脈の流れをスムーズにすることができる役割を持たせることができるので注目を集めています。

現代人は、そのほとんどが健康診断で「血液サラサラ」を目指してください、と言われた経験があるでしょう。
ひどい人には薬が処方されたりしています。

中に、血流促進薬というような薬が出回っています。
しかし、同じような効果を発揮するのがこの水素水です。
水素水を飲用し、体内に取り入れることによって血行促進を図るだけでなく、

・免疫力アップ
・疲労回復
・活性酸素除去(身体を酸化から守る、老化防止)
・集中力アップ
・新陳代謝アップ

血行促進することにより、代謝がよくなりダイエットに効果的、血液さらさらも期待できますし、便秘の解消、疲れの蓄積予防、発毛効果、体中の凝りの解消が期待できます。

血流促進薬を使うのもいいですが、薬となると心配なのが「副作用」

混ぜ物があったり、体に合わなかったり・・・となると血行促進を期待するよりも副作用に悩まされてしまう場合もありますよね。

「薬」と呼ばれるものには副作用や、お肌に合う合わないは必ず存在します。
目に見えて肌トラブルが出なかったとしても、使い続けていくうちに薬の成分が身体に蓄積され、あとあと一気に襲い掛かってくる(シミやソバカス、蕁麻疹などなど・・・)場合があります。

しかも、薬品の力で血流を促進させているのですから、例えば怪我をした際や手術が必要になった場合、止血が難しくなり大量に出血してしまうケースがあります。

ある方が血流促進薬を使用していたのですが、ある日足の骨を折り、即手術が必要だったのですが、血流促進薬をしようしていたことにより大量出血だ心配され、2~3日間、薬が完全に体内から消えてしまうまで手術ができませんでした。

その方は、折れたままの足を固定され、数日痛みに耐えなければなりませんでした。
それに比べ水素水は、続けるほどに効果を発揮していき、身体を健康へと導いてくれます。

もちろん、副作用はありません。

水素パワーを取り入れて体内の根本的な部分から改善を図ってみることをお勧めします。

コメントは受け付けていません。