産後の貧血症状を和らげるバランス栄養食品で時間をかけずに栄養補給

女性は妊娠中は優先的に胎児に血液をおくるため、母体の血液を胎児のために使い、また出産時にも大量に出血が起こります。

そのため産後は貧血が悪化する場合が多く、多くの産後の女性は「鉄剤」が処方されています。

産後退院してからも貧血が癖となり、辛い症状が改善できずに悩む方も少なくありません。

栄養バランスの良い食事をとっても、今度は母乳として赤ちゃんに与えなければなりません。

母乳は血液なのです。

血液なのに母乳が赤くないのはなぜ?と疑問を持つ方もいるでしょう。

血液が乳腺で乳汁へと変換されます。

それが乳管を通り、一旦乳管洞に溜まります。
それを赤ちゃんが飲むのですね。

多いときは260ml絞れるという母乳・・・ということはしんたいから260mlの血液が失われているということですね。

赤ちゃんはすぐにお腹がすいて、2~3時間おきに母乳を与えなくてはなりません。
ということは、母体はものすごい貧血状態ということです

授乳期は食べても食べても太らないというのは、それだけの栄養と血液が、常に母乳として出ていっているからということなのですね。

このような状態で食事だけで栄養を摂ろうとしても、一度に食べられる量には限界があります。

一度の食事量では補えないカロリーや鉄・・・これはサプリメントで補うことをお勧めします。

サプリメントは健康食品ですので、副作用もなく、赤ちゃんにも影響はありません。

また吸収がよく、胃腸にも優しく、そして何より時間を気にせずいつでもどこでも手軽に摂取できるというメリットがあります。

一日に必要な鉄分の摂取量が手軽にクリアできるのですから、産後の母体を助けてくれる救世主ですね。
うまく活用していきましょう!

また、豆知識として、ビタミンCやビタミンB12と一緒に摂取することで、ビタミンが鉄の摂取を助けてくれるため、効率のよい鉄分補給ができるでしょう。

コメントは受け付けていません。