片方の手の冷えの異常を感じたら知っておく事

左右片方の手の冷えや痺れを感じる人に知っておいて欲しいのが、「身体の歪み(ゆがみ)」です。

身体のゆがみが起こると、その部分から血管が圧迫され血液が送られなくなったり、ひどくなるとその部分の昨日が停止してしまうケースもあります。

ゆがみひとつで、さまざまな症状が身体に現れてきます。

今までおかしいな?と思っていた症状が、

骨盤のゆがみひとつ矯正するだけで改善されたり、首や背骨のゆがみひとつ改善することで辛い症状が解消されたりと事例は多くあります。

肩の痛みや痺れなどの諸症状が有るなら考えられる病気が・・・

また、冷たいほうの肩に痛みがあったり、重度の痺れが発生したり、温めても温めても回復しない、こおりのように冷たいという症状がある人は病気の可能性もありますので、一度病院に行き診てもらいましょう。

考えられる病気としては、肩の筋肉の少なさや姿勢の悪さで神経や血管が圧迫されて 血流が著しく悪くなる事で起こる「胸郭出口症候群」や「首根管症候群」が挙げられるでしょう。

胸郭出口症候群」の場合、ほとんどの割合でこのような症状が出てきます。
また「首根管症候群」の場合は、読んで字のごとく首より上に症状が現れてきます。

これらはしびれや異常な冷えであったり、運動障害などが起こります。

このような症状を持つ人の特徴として、仕事上パソコンを扱っていたり、パソコンで作業する時間が長い人に多いそうです。
長時間同じ姿勢で、特に片方の手は延々とマウス操作をしているわけですから、血管の圧迫は言うまでもありませんね。

その症状を改善するために、日ごろからス、長時間の同じ体制でいることを避け、積極的に身体を伸ばしトレッチしたり、ツボ押しを実践するなどして解消していきましょう。

悪化してからでは手遅れになってしまします。
健康な身体があってこそ、だと言い聞かせて身体を労わってあげてください。

コメントは受け付けていません。