活性酸素の除去がアンチエイジングの鍵

女性にとって、「老化」は大敵。というよりも永遠のテーマであって常に歳を重ねていく生き物である以上無県警に過ごすことが出来る人は少ないです。

肌年齢や身体年齢というように、今の自分の年齢から5歳も10歳も年をとった数値が出るとショックは隠せませんよね。

それを見て、(このままでも、ま、いいか~)と思う女性は少ないでしょう。
誰もが焦りを感じるはずです。

不意に感じる自分のシワがアンチエイジングケアを始めるサイン

最近では30代からアンチエイジングケアを・・・と進める美容会社も増えていますよね。
20代まではハリとツヤがあったのに、30代に入って急に(え?こんなところにシワなんてあったっけ?)と気が付いて慌てた経験がある人もたくさんいるはずです。

その時点で、体内では活性酸素が大暴れしているのです。
活性酸素は老化を促進させる一番の原因です。

活性酸素の持つ強力な酸化作用によって、私たちの細胞が酸化し、シワが発生、ハリもなくなり、ツヤも落ちます。

例えるなら、林檎を切ってそのまま放置すると酸化作用によって茶色く変色し、美味しそう!とは思えない姿になりますよね・・・。

酸化作用で腐敗していることがあなたの身体でも同様に起こっています

それが私たちの体内でも起ころうとしているのです。
そこで私たちの老化を食い止めてくれるのが、この水素です。

つまり、水素の持つ坑酸化作用によって活性酸素を除去し、老化を防止・予防するという作戦なのですね。
水素には、体内の悪玉活性酸素を退治し、体内の細胞を元気にさせてくれる働きがあります。

また、水素を体内に取り入れる際にちょっとしたコツがあります。

・水素水を飲むなら一度に300~500を取り入れる。
・水素を取り入れた生活を最低2ヶ月は続ける。
・常温がおすすめ。

これらを意識すると、水素の確かな効果が得られることが期待できます。
水素を積極的に摂取し、体内の活性酸素を除去させることが、エイジングケアの鍵となります。

コメントは受け付けていません。