氷食症はストレスが関係している?夏じゃなくても氷が欲しくなる

このような症状が出ている日とはいませんか?
また、見かけたことはありませんか?

・無性に氷が食べたくなり、一日に製氷が追いつかないほどの氷を食べてしまう
・氷を持ち歩きいつでもバリバリ食べている
・めまいや立ちくらみといった、貧血のような症状がある
・口の中が熱く感じ、冷たいものを欲す
・持久力、体力が低下した(疲れやすい、疲れが抜けない)
・顔色が悪い(青白い)
・寝起き、寝つきが悪い

「無性に氷が食べたくて、とくにすきではないのに身体が欲してしまう・・・」という人は氷食食の可能性が高いです。
氷食症の原因は、体内の血液不足、鉄分不足なのです。

つまり貧血気味だと無償に氷が欲しくなるということになります

また、自律神経にストレスが溜まっていることも原因のひとつです。
鉄分不足により、赤血球(身体に酸素を運ぶ物質)とヘモグロビン(身体の細胞に酸素を受け渡す、細胞に結合させる働きのある物質)が不足することにより、脳に酸素が行届かず、自律神経に正常な指示が届かずに、バランスを崩してしまうということになります。
氷食しょうが進むと、血液が常に薄まった状態になってしまうため、貧血が重症化する可能性もあります。

氷食食を予防するには

・適度な運動で老廃物の除去により身体の巡りをスムーズにする
・十分な休息(睡眠)を取る
・鉄分の多い食材をチョイスし積極的に摂取するようにする(食材だけでは摂取が難しいという人は、サプリメントの活用を!)
・赤血球を作るための葉酸を多く含む食材を積極的に摂る
・ビタミンCやビタミンB12を積極的に取る(鉄分の吸収を助ける)

このようなことを頭におきながら生活してみましょう!

コメントは受け付けていません。