氷食症の原因は?なぜ氷が食べたくなるのか?

貧血(鉄欠乏性貧血もしくは鉄欠乏症)である人は、氷食症になってしまう場合が多いのです。

貧血になると氷食症になるといった根拠はまだありません

氷食症の症状として、

・無性に氷が食べたくなり、一日に最低製氷機分の氷を食べてしまう
・氷を持ち歩きいつでも食べている(氷がないと落ち着かない)
・めまいや立ちくらみのような、貧血の症状がある
・口の中が熱く感じ、冷たいものが欲しくなる
・体力の低下を感じる(疲れやすい、疲れが抜けない)
・顔色が悪い
・寝起きが悪い、また寝つきが悪い

などがあります。

氷食症になる考えられる原因として、血液不足、鉄分不足があります。
また、血液不足・鉄分不足により、自律神経のバランスの乱れが発生すると体温調整がうまくできなくなります。

体温が上昇し身体やとくに口内が暑く感じることがある

それにより、身体が体温を下げようとして冷たい氷などを欲してしまうというわけです。
他にもさまざまな説はありますが、まだはっきりとした根拠がなく治療法も定まっていないのが氷食症です。
しかし、これは自身の努力で改善することが可能です。

ポイントは、鉄の補給です

鉄の多い食材を積極的に食べることはもちろん身体にとっても、血液を作るにあたって、とても嬉しいことです。
しかし、正直、食材だけでは一日に必要な鉄分の十分な補給が難しいのが現状です。
そこでお勧めしたいのが鉄サプリメント。

サプリメントは健康食品ですので、胃にもやさしく副作用もありません。
また、吸収もよく、手軽に飲用できます。

一緒にマルチビタミン(ビタミンCやビタミンB12)などを摂ることにより、鉄の吸収を助けてくれるのでよいでしょう。

健康な身体作りは自身の生活習慣を見直す事から始めましょう。

コメントは受け付けていません。