末端冷え性とは?

「末端冷え性」とは、血行不良や、さまざまなストレス、また血液を全身に運び出すポンプの役割をしている筋肉の衰えが原因で、体温を上げることができず、体温が下がり温かい血液が手先や足先などの、心臓から遠い部分にいきわたらなくなり、冷たく冷えてしまうことを言います。

主な原因は血行不良です。

原因はさまざまで、栄養のバランスが崩れていたり、ストレスが蓄積されていたり、不眠、運動不足、などが挙げられます。

それらを改善すれば、自然と末端にも血液が通うようになります。
冬は特に、末端が冷えると痛みを感じたりと、とても辛いものとなります。

そうならないために、また、その症状を少しでも軽減させるために、動きやすい気温の暖かい時期に身体作りを実行しましょう。

末端冷え性には血液を送る力が重要

食生活の改善、質のよい睡眠、適度な運動、薄着をしないなど、自分なりに工夫した生活習慣を身に付けることで、末端まで血液を送る力が身についてくるでしょう。

野菜中心の食事で、体を温める効果のある根菜を積極的に食べたり、アミノ酸、たんぱくしつを積極的に摂ったり、食事時に温かい飲み物を一緒に飲むなどして工夫することが望ましいです。

筋肉をつけることとても重要です。
筋肉は血液を送り、全身へ届けるために必要な臓器です。

筋肉量が足りないことによって、血行不足、血流不良を引き起こしてしまいます。

運動によってついた筋肉が代謝を上げてくれ、体温も上昇させてくれます。また、汗をかくことによって老廃物を排出し、胃腸の動きを促進させてくれ便秘を解消してくれたりと、血流をスムーズにする効果があります。

末端冷え性は治ります。
少しづつ意識して生活習慣を正し、温活に努めていきましょう。

コメントは受け付けていません。