最近疲れやすい?甲状腺の異常が原因?

体がだるい

 

甲状腺の異常は症状の出方が人によってまちまちな為、ただの疲れや歳、更年期障害などと間違われやすく症状が悪化して気づくという方も少なくありません。

最近疲れが取れない、ちょっと動くとすぐ疲れる、白髪が増えたなど甲状腺異常の観点からまとめてみました。

甲状腺の異常は大きく分けて2種類

 

甲状腺機能の異常

 

■甲状腺機能亢進症(バセドウ病)…甲状腺ホルモンが異常に分泌されて結果として新陳代謝があがるので、激しいやせ、激しい発汗、イライラ、動悸、だるさ、目の突出などが現れます。

■甲状腺機能低下症(橋本病など)…甲状腺ホルモンの分泌が減ってしまい、結果として新陳代謝が落ちるので皮膚のかさつき、体重の増加、寒がり、だるさ、物忘れ、集中力のなさ、うつ症状、抜け毛、不妊症(投薬治療で出産可能)などの症状が現れます。

2つとも甲状腺の異常ですが総じて「いつもだるい」というのが共通点です。単なる疲れとか、うつ症状と間違われやすいですが知識として知っておくと早めに見つけることができます。

甲状腺の検査って何科?

 

病院

 

内分泌科、甲状腺科のある少し大きめの総合病院がいいでしょう。妊活をされている方の場合は甲状腺の検査は流産と関係してくるので割と初期の段階の検査をすることがあると思いますが、病院によっては検査をしていないところもあるので念のため症状が当てはまる場合には検査をしてもらっておくと安心でしょう。

数年前に検査してもらったときは異常なしだったけど…

ストレスで甲状腺機能が悪くなることもあります。体調の異変を感じたらまずは疑ってみるのがいいでしょう。

「なんとなくだるい」というのがいつものことになるとやがて普通だと感じてしまいます。栄養ドリンクを飲んでみたり、サプリメントを試してみたりそれなのになにも改善されない。そういう場合には疑ったほうがいいかもしれません。

検査はどんなことする?

 

血液検査

 

問診、触診、血液検査を初めに行います。超音波検査、穿刺吸引細胞診などがあります。まずは内分泌科、甲状腺科で見てもらいましょう。

コメントは受け付けていません。