更年期で手の冷えやしびれ等の異常を感じたら

更年期に入ると、世に言う更年期障害の影響で臓器の働きが弱まり、女性ホルモンや自律神経の働きも急激に弱まってしまいます。

そのため血行が悪くなり、体中の冷えで悩ませられる女性がほとんどです。
この更年期といわれる時期に特徴的な症状として、火照り・発汗・のぼせなどがあります。

これだけを聞くと、一見「冷えはないのでは?汗もちゃんとかいているし・・・」と思いがちですが、ここに大きな落とし穴が!

この症状で「暑い」と感じて、冷たい飲み物や食べ物を摂取することは、返ってその症状を悪化させてしまうことになります。と同時に冷えも悪化します。

ホットフラッシュって知っていますか?

この更年期の症状はホットフラッシュと呼ばれており、ホットフラッシュの原因として自律神経の乱れ=冷え(血行が悪い・血流が悪い)が挙げられます。

ですので、薄着になったり冷たいものを摂取して身体を冷やしてしまうことは、血行を悪くし、自律神経や女性ホルモンのバランスを乱す原因となってしまうのです。

更年期に差し掛かり冷えに悩まされている方にお勧めしたいこ事が

・半身浴(お風呂にゆっくり浸かり身体の芯を温める。シャワーで済ませない。)
・心臓から遠い部分を冷やさない(靴下を履くなど。)
・ほどよい運動を(血液を送り出してくれる筋肉を増やすことが目的。)
・ツボを押してみる(例えば左右の手と足の甲側、指と指の間のつけ根にある指間穴というツボをつまむようにキュッキュッと押す。テレビを見ながらでもできますね!)
・旬の食材を積極的に摂る(旬の食材ほど栄養価が高い。)
・根菜を積極的に摂る(身体を温める作用があり、便秘改善にも効果的。)
他にも、自分に合った冷え防止対策をこまめに試し、冷え知らずの健康な身体を作り上げていきましょう。

それが更年期に差し掛かったみなさんの仕事です!
冷え防止・改善をすることによって、更年期の症状に悩まされることもなくなるでしょう!

コメントは受け付けていません。