手足の冷えに効くツボの詳細

手足の冷えで悩まされている人のために、ツボ押しを紹介します。

日脚の冷えを改善させるために必要なのは「血行促進」です。
血行を促進させるつぼはたくさん存在します。

紹介する前に「正しいつぼの押し方」を知っておきましょう。

正しいつぼの押し方

主に親指を使い、やや強め(ちょっと痛いかな?と感じるくらい)に押していきましょう。
ゆっくりと、力を入れていきます。

5秒くらい押し続け、ゆっくりと力を抜いていきましょう。
このときに呼吸を深くすることがポイント!

酸素の力を借りてツボ押し効果を効率に発揮させるためです。
特に入浴後などの、身体が温まっている時などがお勧めです。

ではツボを押していきましょう!

足の冷え解消の足ツボ

「湧泉(ゆうせん)」足。

場所としては、左右の足の裏、土踏まずの中央の少し上です。
足の指を曲げた時に少しへこむところが湧泉です。

「三陰交(さんいんこう)」足。

場所としては、くるぶしの内側から指4本分上の、骨と筋肉の境目です。

「太衝(たいしょう)」足。

足の甲の部分の、足の親指と人差し指の間を指から足首のほうへ向かってなぞっていきます。
2本の骨がぶつかる少しへこんだところが太衝です。

「八風邪(はっぷう)」足。

足の各指の付け根の間になります。足の表と裏の皮膚の境目です。

「築賓(ちくひん)」足。

くるぶしの内側から指5本分上がったところから指1本分外側にあります。
冷えを感じている方は押すことにより少し痛みを感じます。

手の冷えの解消のツボ

「陽池(ようち)」手。

手の甲側の手首中央の少し小指寄りにあります。
手首を反らせたときに出る横じわの中央に出来るくぼみの部分にあたります。

「合谷(ごうこく)」手。

手の親指と人差し指の骨が合わさった場所から少し人差し指寄りにあります。
これらのツボを、正しい押し方で明日事により血行が促進され、すばやい効果が得られます。

是非お試ししてみてくださいね。

コメントは受け付けていません。