手の冷えで動かなくなる時の解消方法

冷えは心臓から一番遠い部分から始まります。
例えば、指先の冷え、お尻の冷え、頭の先でも冷えることはあるんですよ。

日常いろいろな作業をするにあたって一番使うのが指先ですよね。
しかし、指先からくる冷えはそう簡単には解消できないのが悩みどころ・・・。

指先には細い毛細血管が張り巡らされていますが、身体のコンディションの変化で指先までなかなか上手く血液が十分に運ばれないのが、冷えの原因です。

そもそも冷えとは何でしょうか?

・食生活の乱れ
・運動不足
・寝不足
・過剰なダイエット
・糖分、塩分、脂肪の摂りすぎ

これらによって、体内の血流が滞ってしまい、起こります。

手先や指先などの末端部の冷えは思考能力を低下させる!

末端冷え性と耳にすることがあると思いますが、手先足先が冷たく痛みを感じることがある人は末端冷え性といえるでしょう。

この末端冷え性が起こることによって、身体全体が動かなくなる、時には思考能力の低下も起こったりと、日常生活に支障をきたすこともたびたび起こりえます。

手が冷えて動けなくなるということは生活にもっとも必要な道具を奪われてしまう

夏の暑い日でもエアコンの中、一日中作業をしなければならない人や、冬の寒い日でも外で作業をしなければならない人にはとても迷惑な話ですよね。

その手の冷えを少しでも解消できる方法があったらいいのに・・・と思う人にお勧めしたいのがツボ押しです。
ツボ押しは即効性があり、何の道具もいらず、場所を選ばずにできる取っておきの施術です。

左右の手と足の甲側、指と指の間のつけ根にある「指間穴」というツボを指でつまむようにキュッキュッと押しマッサージします。

すると、毛細血管に血液が通い、温まっていくという仕組みです。
イメージ的に、血液を送り出すポンプの役目をしてあげるつもりで、刺激してあげましょう。
指先だけでなく、体中の冷えて眠ってしまった筋肉も起こしてあげることが大事です。

ストレッチをするだけで筋肉に刺激が伝わり、血液をスムーズに身体中に流してくれます。
できれば温かい飲み物を摂りながら、ゆっくりツボ押しをするとより一層効果が期待できるでしょう。

コメントは受け付けていません。