手が冷えて痛いほどの痛みを感じたらどうしたら良い?

冷え性で悩まされる人にとっては、寒い冬がとくに辛い時期でもあります。
夏でも手先足先が冷たい人は、冬になると更に悪化し、痛みさえも伴うことがあります。

夏は気候的に、気温も高いため、いくらかましです。
冬はそうも行きませんよね。

どこへ行っても寒い、冷たい!それによって、冷え性の身体が更に冷やされることになります。

それに耐えられなくなった身体は、交感神経を緊張させてしまい、血行を悪くさせ、働きを邪魔してしまいます。自律神経が乱されることによって、痛みや凝りとなって身体に症状が現れてきます。

ですので、手先や足先が冷えて痛みが発生した時などに、こすり合わせて温度を上げようと図る行為は冷えや痛みを解消するためには、あまり意味がありません。

ではどうしたら良いのでしょう。

根本的な冷え改善は神経の乱れを整える事が有効?

手や足といった末端が冷えて困っている人は、部分的に改善するのでは意味がなく、根本的なところから改善を図るべきなのです。

根本的な部分といえば・・・冷えによる神経の乱れによって起こる、痛み。

そう、神経系を正していくとよいのですね!
では、いくつか対策を挙げてみます。

神経のバランスを整える対策方法がこちら

・食生活の改善(バランスの良い食事。カロリーをしっかり摂る。根菜を積極的に取り入れる。)
・十分な睡眠
・シャワーで済ませず、ちゃんと湯船にお湯を張って湯に浸かる
・温かい食べ物飲み物をチョイス
・適度な運動で筋肉を増やす(20分以上の有酸素運動など)
・日ごろから簡単なストレッチを取り入れて
・ツボ押し(即効性があるのでお勧め!左右の手と足の甲側、指と指の間のつけ根にある指間穴というツボをつまむようにキュッキュッと押す。)

このようないくつかの対策を挙げ、自分ができる範囲の対策を実行してみましょう。

血流促進、血行促進が冷え防止の鍵となりますので、それを頭に置いて、できるだけ冷えを避けた生活をすることをお勧めします。
血流促進することによって、自然と神経系のバランスも整ってきます!

コメントは受け付けていません。