慢性的な下痢は内臓の冷えが原因?体質改善できる解決方法

慢性的な下痢の原因は、そこに隠れている何かしらの病気のサインかもしれません。

主に3週間以上続いてしまう下痢を慢性的な下痢と判断されます
慢性下痢は、腸のぜん運動が活発になり、水分調整がうまくいかないことが原因で、便の水分が多くなることによって下痢となってしまいます。

一方、暴飲暴食・冷えなどが原因で起こる下痢は急性下痢と判断されます。
慢性下痢の中でも、ストレスや緊張、不安などによる精神的な影響や、疲れや睡眠不足などが原因となって起こる過敏性腸症候群が最近流行っているそうです。

腸そのものは健康なのに、ストレスや疲れが溜まっていることが原因で自律神経の乱れが起こり、ホルモンバランスや身体の調子を崩してしまうのです。

下痢が続くようなら病院へ

あまりに症状が辛い場合は、腸の疾患による病気かもしれませんので一度受診しましょう。
慢性下痢の対処法として、ストレスをためない生活を心がけましょう。
一日の疲れは、その日のうちに取り除いて、翌日に疲れが残って辛いようであれば無理せずに休みましょう。

ストレスの蓄積は神経系のバランスを崩し体調不良を招きます。その一部が慢性下痢です。
また、下痢が続く場合多、水分補給をしっかりしましょう。
温かいものがベストです。

そのほかに、しばらく脂っこい食事は控えて、消化の良い食事を摂りましょう。
うどんやおかゆ、土の下に育つ野菜を柔らかく煮て温かい状態で食べるなどすると良いですよ。

腸内環境を整えるには、乳酸菌やビフィズス菌を積極的に摂取し、腹部を温めて善玉菌を増やしましょう。
自身の身体を労わる意識こそが、ストレスの解消、そして、慢性下痢の改善となるのです。

コメントは受け付けていません。