慢性疲労症候群の疑いがあるならこんな検査を受ける!

慢性疲労性症候群には診断基準というものがある。

・微熱
・頭痛
・のどの痛み
・重度の疲労感
・筋肉痛
・不眠
・気分障害(鬱のような状態)
・関節痛
・思考力、集中力低下
・リンパの腫れ

このような症状により、日常生活ができないほどの疲労感が現れ、仕事や学業を休まざるを得ない状況が6ヶ月以上続くと慢性疲労性症候群と診断される。
また、この慢性疲労性症候群は風邪のような症状から始まり、医師からは風邪だろうと診断されやすい。
しかし、風邪は長引いても7日~14日ほど。

6ヶ月以上続いてくると、原因不明と診断される

慢性疲労性症候群は根本的な原因は分かっていないが、ストレスが主な原因だろうとされている。
慢性疲労性症候群の検査の受け方として、医師が患者さんへの問診や検査などをもとに、まずこうした病気の可能性がないか調べます。

ウイルスが要因で慢性疲労性症候群と特定することは現在できない。

そのため、問診などをして、医師が原因不明と特定した場合、慢性疲労性症候群の症状や基準に従って診断が下される
受信時には、主に

・辛い症状がいつから始まったのか
・辛い症状の種類はどのようなものか
・他に持病がないか
・現在使っている薬の種類

といった問診を事前に行うことになる。

治療法として、投薬や漢方、非薬療法などがあるが、体質が貴人によって異なるため、医師とよく相談することが大事である。
治療期間中は、医師とのコミュニケーション大事にし、生活全般を見直す努力を自分ですることが大切である。
体調管理と、ストレスを溜め込まない(ストレスの原因を突き止めて都度解消させていく)事を頭に置いて、努力していくことが改善の鍵となる。

コメントは受け付けていません。