慢性疲労症候群の治し方

慢性疲労性症候群とは、日常生活を送れないほどの重度の疲労が6ヶ月以上続く状態であり、その原因は肉体的なものなのか、精神的なものなのかはまだ分かっていません。
慢性疲労性症候群は、風邪のような症状で始まることが多いです。
またこの症候群は、主に20~50歳の人に起こる確率が高く、男性より女性の方が約1.5倍と多くなっています。

慢性疲労性症候群の主な症状

・微熱
・頭痛
・のどの痛み
・重度の疲労感
・筋肉痛
・不眠
・気分障害(鬱のような状態)
・関節痛
・思考力、集中力低下
・リンパの腫れ
などがあります。(このような症状が6ヶ月以上続く)

この慢性疲労性症候群にはいくつかの治療法があります。

①薬理療法
慢性疲労性症候群には、抗うつ剤や抗不安剤の投与が効果的だとされています。
疲労感の軽減や、免疫機能の改善などの効果が期待できます。
しかし、この治療法には副作用があり、投与中は疲労感が増したり不眠になったりするので医師との相談が必要です。

②漢方療法
主に「補剤」と呼ばれる、体力や気力を補う漢方薬を使って治療をしていきます。
適切に使用することによって、免疫力アップと内分泌を整える高い効果があるそうです。
この療法は副作用が起こりにくいとされているので安心ではありますが、薬量が人によって異なってくるため、漢方を扱う医師との相談と指示が必要でしょう。

③非薬理療法
科学薬剤を使わずに治療していく療法。
使うものは薬品ではなく、ナチュラルホルモンや自然サプリメントを用います

体質を改善させながら、同時進行でカウンセリングやセラピーを行います。/h4>

要は自然治癒力を引き出し、ストレスを徐々に取り除いていくという療法なのですね。
このような治療法には人により合う合わない、良し悪しがあるため、慢性疲労性症候群と診断を受けた際には、医師とよく相談をしましょう。
ストレス軽減が改善の鍵となっているようです。

コメントは受け付けていません。