悪玉活性酸素だけを効果的に除去してくれる救世主

私たちの体内に取り込まれる悪玉活性酸素と呼ばれるもの、実はかなりの曲者です。

この悪玉が困ったもので、病気の悪化や老化を促進してしまうなど、できれば体内への侵入を避けたい物質です。
しかし、これらの体内への侵入を防止できる方法は今のところ見つかっていません。
少なくとも人間には酸素が必要ですよね。

その酸素の約2パーセントが活性酸素ということなので、完全に進入を阻止することはできないのです。
しかし、この活性酸素を屋つけてくれる部隊が存在します。「水素」です。

水素は坑酸化作用があるため、体内の活性酸素に働き自身の持つ活性水素で、悪玉の除去に当たります。
水素は人間の身体にとってはとてもよいものとされているため、悪玉の活性酸素だけに効率よく働いてくれるのが特徴です。

活性酸素にはこんな実験結果があります

酸化して茶色に変色した林檎の切り実に、水素化合物の粉をふりかけます。
すると、茶色に変色してしまった林檎が瞬時に還元され、元の白い色へと戻ったという実験結果があります。

これは、活性酸素によって老化してしまった林檎の細胞が、活性水素が取り込まれたことによって活性酸素を除去し、元の健康的な色を取り戻した、ということになります。

私たちの身体も同じことなのです。

取り込まれた活性酸素を水素パワーで除去することによって、老化を防ぐどころか、ハリが生まれ艶を取り戻すことになるのですね。

それと同時に水素は、体中の血行をよくさせ、集中力を高め、免疫力も高めてくれ、それによって病気の進行も食い止めてくれるのです。

肌に針と艶を与えたり、髪の毛に艶を与えたりと、老化を防止させます。これがよく耳にするアンチエイジング効果になります。

肌のシワに働きかけたり、関節痛の軽減など、活性酸素による体内の錆を消し去ってくれる、まさに水素は救世主といえるでしょう。積極的に体内に取り入れたいものです。

コメントは受け付けていません。