寝ても身体がだるいのは水素で基礎体力を高める

いくら睡眠を取っても疲れが抜けない、寝ても寝ても身体がだるい!!又はダル重いといった経験はありませんか?

その原因として、体力の低下・身体を使った後のアフターケアができていない・栄養不足・血行が悪いなど、他にもたくさんの原因が考えられます。

疲れを溜めないためには、ある程度の体力をつける事から始めましょう。
一日のどこかで、運動する時間を少しでもいいので作りましょう。

ほどよい運動により、汗をかくことによって老廃物を体外へ流し出したり、筋力が付くことにより筋肉のポンプ作用がアップし、血流促進、新陳代謝アップにもつながります。

これだけでも、睡眠後の(起床時)の身体のだるさを感じることは少なくなるでしょう。
また、運動をする際に水素を取り入れることをお勧めします。

水素が運動の効果と効率を何倍にもしてくれる優れモノ

水素の力は、運動効果を何倍も高めてくれると同時に、新陳代謝や血流促進・老廃物除去を効率よく行ってくれるのです。

水素を取り入れた運動をしている人と、そうでない人を比較してみました。
水素を取り入れている人は、取り入れていない人に比べて汗をかく量が断然多いという結果が出ました。
それだけ、水素が体内の老廃物を体外へ押し流す働きを高めてくれているのです。

また血液中の老廃物をスムーズに運んでくれるのです。

また、運動を終えた後にアフターケアとして水素水を200~300ml摂りましょう。
すると、睡眠中にも水素が体内から働きかけ、疲れた筋肉の疲労回復をすばやく行います。

なぜかというと??

溜まった乳酸をかき集めて体外へ流し出したり、その日の運動で付いた筋肉(体力)を十分に温存し、次回の運動へと効率よくつないでくれます。

水素水を飲んで、基礎体力を効率よくアップさせましょう。

コメントは受け付けていません。