子宮の冷え知らずの温活ケア

女性の皆さん!子宮を冷やしていませんか?

子宮の冷えは季節問わず現れるものです。
下腹部が冷たい、お尻が冷たい、素手で触って確かめてみてください!

冷たいと感じる人は、子宮が冷え切っている証拠です

子宮は女性特有の臓器で、体調によって
ダメージを受けやすい一番デリケートな臓器です。
この子宮に命を宿し育んでいくのですから、大切に守っていかなければいけません。
女性は、子宮を労わって毎日生活をする!ということが大切です。

子宮が冷たい状態だと、子宮の伸縮がうまくいかず、生理不順を引き起こしたり、妊娠することが難しい状態になってしまう場合もあります。
また、生理時の生理痛も冷えによってひどくなってしまう可能性もあります。

子宮を温め、血流が滞らないよう努めていきましょう。

身近にある改善方法を実践する

適度な運動によって血行促進を図ったり、バランスの良い食事で血液を作り出したり、普段から腹巻をする、長時間同じ体制でいることを避けるといった工夫をしていくことをお勧めします。
また、一日の終わりに温めのお湯にゆっくり浸かり半身浴することもお勧めです。

半身浴により、新陳代謝もアップしますし、子宮を芯から温めて就寝することによって安眠、質のよい睡眠が期待できます。
睡眠の質によっても翌日の体調が左右されますので、ゆっくり休むことも子宮を冷やさないための鍵でもあります。
食事面でも、根菜や生姜といった身体を温める食材を積極的に摂り、飲み物なども温かいものを口にするよう心がけましょう。

女性であればやっておきたい子宮の温活ケア。
習慣付けていきましょう。

コメントは受け付けていません。