夏なのに寒い?冷える原因と対策法

夏の暑い日でも、寒いと感じることはありませんか?
それはどんな場所・場面で起こっていますか?

例えば、一歩建物に入ると寒いと感じることはありませんか?

見て分かるとおり、夏はほとんどの建物がエアコンを利用し室内を24~27度に保っています。デスクワークをしている人は、一日中そのエアコンの中で過ごさなければなりません。

知らない間に足が冷えていたり、指先が冷たくなっていたり、夏なのに暖かいものが飲みたくなったり食べたくなったり・・・。
それは、冷え性の症状です。

夏にこそ用いられるエアコン、扇風機。このおかげで暑い夏を乗り切ることができるのですが、一方で年々冷え性を悪化させてしまう原因のひとつとなっています。

冷え性の原因は生活習慣の乱れが主

・食生活の乱れにより、身体の格好が悪くなる
・運動不足により汗をかくことが少なくなり、老廃物の蓄積により血行が悪くなる

また、夏はとくに暑いので、冷たい飲み物や冷たい食べ物を摂取してしまいがちです。

これもまた冷えの原因で、冷たい食物は、体内に入ると身体の芯から(細胞から)冷やしてしまうのです。

それが原因で低体温になり、臓器の働きを衰えさせ、血行も悪くなり、女性であれば生理不順を招いたり、生理痛が重くなったり、不妊症、腰痛、頭痛といった症状も引き起こしかねません。

女性が腰周りを冷やすなというのはそれが理由なのです。

夏なのに寒い!と感じたときにはもう低体温が成立しています

そうなる前に、オフィスでは長袖を用いる、ひざ掛けを利用する、温かい飲み物を飲む、ランチも温かいものを積極的に食べる、といった自分なりの工夫をしていきましょう。

冷え性が改善することにより、仕事の効率も上がること間違いないです。

細胞から冷え知らずに!を目指していきましょう。

コメントは受け付けていません。