四肢末端冷え性とは?悩んでいる時に知っておきたい事

末端四肢型冷え性とは、手や足の先が極端に冷たく、極端に冷えるタイプの冷え性のことです。

特に女性に多く、温めても温めてもなかなか体温が上がらないのが特徴です。

・食事のバランスが悪い、食事量が足りていない
・運動不足
・慢性的な疲労の蓄積

これが主な原因とされているようです。

このタイプの冷え性は厄介で、体内で熱が上手く作れなかったり、熱を上手く運ぶことができないのです。

四肢末端冷え症対策には体内環境の改善から見直しが必要です

四肢末端冷え症は手先足先まで血液がいき届かず、過剰な冷え性になってしまうのです。
末端四肢型冷え性を改善するには体内環境を整えることが必要です。

身体の筋肉量が減っている方は、筋肉をつけることで発熱効果もあり四肢末端冷え症の改善の為には効果的対策になります。

ここであなたに質問です

バランスの良い食事をとっていますか?
寝不足ではありませんか?
適度な運動をして汗をかいていますか?
薄着ではありませんか?
シャワーで済ませず湯船にはちゃんと浸かっていますか?

食事に関しては、体を温める効果のある根菜を積極的に摂ったり、筋肉をつけるためのたんぱく質やアミノ酸を摂って代謝を挙げることが鍵となります。

また、就寝前にゆっくりとお風呂に浸かることによって体が温められ、安眠でき、疲れが効率よく取れるというわけです。

適度な運動もまた、筋肉をつけることによって血液を送り出すポンプの役目が増えるわけですから、これもまた大切なことです。

運動により汗をかいたり、胃腸の働きが促進されて便秘が解消されることによって体内の老廃物を排出でき、効率よく血流促進を図ることができます。

これらのことを頭において、毎日コツコツ対策をすることで、少しづつ改善されていくはずです。
冷え知らずの健康体を目指して努力しましょう!

コメントは受け付けていません。