冷え性を招く低血圧は巡りを改善して冷えないからだに体質改善

低血圧とは心臓が血液を送り出す力が弱いことを言います。

冷え性で悩む場合、同時に低血圧に陥っている場合があります。

冷え症=低体温症は、万病の元とも言われていて、腰痛・肩こり・頭痛・腹痛・生理痛・不眠といった症状の他、もっと恐ろしい病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

冷え性にならないための予防策と、身体の循環(巡り)をよくして身体のバランスを整えるための秘訣をご紹介いたします。

冷えない体を作るには

冷えや身体の巡りを整えるためには身体の内側から改善していく必要があります。

ということは、自身の生活習慣の見直しが必要になってきます。
生活を見直して欲しい項目がこちらです。

・適度な運動(筋肉量を増やすことで血行促進新陳代謝アップが期待できます)
・バランスの良い食事(特に朝食は必要)
・十分な睡眠(短時間でも質のよい睡眠であれば効率のよう疲労回復が期待できます)
・お風呂(湯船)につかる(面倒だからといってシャーだけというような入浴をしている人はいませんか?)
・冷たい飲み物や冷たい食べ物をできるだけとらない(もしどうしてもとりたくなった場合は、その後に温かいお茶を飲むなどしてアフターケアを)
・旬の食材を多く取り入れる(旬の食材ほど栄養価が高い)
・食事を抜くなどの無理なダイエットは禁物
・エアコンの中に長時間滞在しない(職場などでは仕方がないため、冷やさないための対策を!)
・暴飲暴食をしない(異に負担をかけてしまいストレスの原因に)
・ストレスを溜めない(ストレスの原因を突き止めて、その津悪阻の都度解消していく)

このように、生活習慣を見直すことが、身体のバランスを整え冷えや低血圧を解消・改善していく鍵となります。
冷えない身体を目指して一つ一つ解決していきましょう!

コメントは受け付けていません。