冷え性と高血圧は同時にケアできる|巡りを整えてサラサラ美人

高血圧を予防・改善する方法は主に食生活を見直すことが望ましいです。

まず、
・暴飲暴食をしないこと
胃に負担をかけることにもなり、ストレスの原因にもなります。
満腹まで食べ続けることによって、肥満や動脈硬化を引き起こしてしまう可能性もあります。
間食を禁止にする必要はないですが、それなりに塩分を控えたり食物繊維の多い、できるだけカロリー控えめの間食を心がけましょう。
まずは一日三食、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

・塩分を控える
成人1人の目標塩分摂取量として6gが望ましいといわれています。
食事の味を6gの塩分だけで補うのはとても難しいこと(全て薄味になってしまうため)なので、濃い目の出汁を摂ったり、レモンやスパイスなどを活用し、調理法を工夫して行うと良いでしょう。

・外食を控えましょう
外食には塩分糖分脂肪分がたっぷりです。
・血圧を下げる効果のある食物をっきょくてきに摂りましょう
ニンニク、オリーブオイル、貝類、ごぼう、お酢は高血圧予防が期待できるとされています。
これらを気をつけて生活していくのが基本となります。

また、高血圧には適度な運動も必要とされています。
適度な運動により、心肺機能が向上して血液循環がよくなるというわけですね。

また、高血圧の方は無酸素運動はお勧めできません。
一時的に力を入れたり、瞬発力を発揮する際にぐんと血圧が上がってしまいますので、水泳やウォーキング、サイクリングといった有酸素運動を取り入れていきましょう。

これらの改善法はまた、冷え性にも役に立ち、実行することで高血圧と冷え症どちらにも効果があるといわれているため、一石二鳥です。

コメントは受け付けていません。