冷えのぼせを放っておくと危険!カラダのめぐりを整える対処法

女性の中で「冷え」に悩まされている女性は多く存在します。
冷えは、万病の元といわれているように、冷えが原因でさまざまな病気を引き起こす可能性もあるのです。

更年期に差し掛かると冷えのぼせとなって身体を悩ませる症状が出てきます

また、最近では更年期だけとは限らず、冷えのぼせは若年化してきているため、若い人でも冷えのぼせを感じているといいます。
冷えのぼせとは、主に上半身や頭部がカーッと熱くなったり、じっとりと汗をかくのですが、一方で手足の先は冷たいといった症状です。

この冷えのぼせを放っておくと、冷え同様、恐ろしい病気(女性は生理痛・生理不順・不妊症・流産など)を引き起こす場合もありますので、早めの改善をお勧めします。
身体のめぐりを整えることにより、このような冷えの改善を図ることができます。

めぐりを整える働きを持つのがシトルリンという成分です。
きゅうりやゴーヤ、スイカなどに多く含まれるアミノ酸の一種です。
代謝のアップや疲労回復、冷えの改善に効果があると言われています。

これらを積極的に取り入れ、また、身体を温める効果のある根菜や生姜、スパイスといった食材を取り入れることによって効率よく血行促進・血流促進が改善されます。
また、その他にも、ジャスミンティーでリラックスしながら身体のめぐりを整えたり、ストレッチや適度な運動によって血行促進をより効率的に行い、冷えを解消している人もたくさんいます。

また、十分な休息も必要です。
質のよい睡眠は身体をリセットさせ免疫力もアップさせてくれます。

たまにはゆっくりした時間を作って寝坊をしましょう

しかし人間の身体は「寝貯め」はできないため、ぐずぐず睡眠をとるのはお勧めできません。
ここで言う寝坊は、目覚まし時計に起こされず、自分のタイミングで自然に目が覚めるという意味です。
このようにして無理のない程度にうまく日常生活に温活を取り入れていきましょう!

コメントは受け付けていません。