冷えのぼせは単なる冷え性より厄介?内面から整えて揺るがないカラダに導く

「冷えのぼせ」という症状をご存知でしょうか?
これは、重度な冷え症のことです。
夏の暑い場所から急にエアコンに中に入るなどして身体を冷やしてしまい、その冷えによって生理痛が重くなってしまった・・・というような血行不良型の冷えと、静脈瘤やリンパ管のうっ血などが起こり身体の末端が浮腫んでしまうといったような水分代謝異常型の冷えがあります。

私たちの身体は末端から冷えを起こします

また、身体を動かす指示を出したり実際に働く臓器が備わっている部分(頭部や体幹部分)などは、体温を温存しようと働きます。
つまり、その部分は冷えにくくできているのです。
末端が冷えている一方で、頭部や腹部は温かいといったような身体に大きな温度差が発生すると、「冷え」と「のぼせ」部分が混在下状態になり、「冷えのぼせ」となって症状が現れます。

症状としては、

・上半身は冷えを感じず手足は冷たい。
・気温や運動後などに、主に上半身から大量の汗が出る。
・手のひらや足の裏などに汗をかきやすい。
・何もしていなくても、汗をかく。目覚めたときに頭に大量の汗をかいている。
・安静時や静かに寝ている時、急に汗が出始めることがある。

冷えのぼせが起こっていると、交感神経と副交感神経がいつもより無駄に活発に働いてしまいます。
この事から、冷えのぼせは神経系の乱れ・自律神経型の冷えといえます。

日常生活を見直して冷えのぼせを改善する

・運動をして代謝を上げる(しかし水泳は冷えの原因となります)
・筋トレをして筋肉量を増やす
・薄着をしない(締め付けるタイプの下着や服もNG)
・下半身を温める
・根菜のように寒い時期に旬を迎える、水分が少なめの食材を積極的に摂る
・一日の終わりに暑すぎないお風呂に浸かる(半身浴がベスト!)
・喫煙を控える(冷え性の人はできれば禁煙したほうがよい)

この事項を生活に取り入れてみましょう。
改善が期待できます。

コメントは受け付けていません。