冷えと低血圧の関係|症状から効果的な改善策を知る

低血圧症状の人は、弊害は冷え性を引き起こしている可能性が高いです。

また、冷え性である場合は低血圧の可能性があります。
まず、低血圧とは、心臓から血液を送り出す力が弱いことをあらわしています。

次に冷え性とは、血液の循環が悪くなることによって起こります。

心臓部に近い血液は、心臓に近い部分には温度を保ったまま運ばれたり、わりと内部に通る血管を通ることによって温度を保ち運ばれますが、心臓から遠ざかるに連れて血管は皮膚に近い部分を通るようになるため温度を失い、冷えとなるのです。

そもそも低血圧で心臓から血液を運び出す力が弱いと、血液が全身にまんべんなく運ばれることはありません。

それにより冷えが起こるというわけです。
では、これらを改善していくにはどのような工夫をしたら良いのでしょうか。

一番簡単で効果も表れやすいのが生活習慣の見直し

栄養バランスや睡眠は、体の血液を作る上で重要な項目になります。

栄養バランスを整えることによって質のよい血液を作り出し、睡眠を十分にとることによって脳・内臓・筋肉を十分に休めストレスを取り除くことができます。

さらに適度な運動を取り入れ、筋肉を少しずつでもつけていくことによって、血液を運び出す力がつき、低血圧の予防改善・血行促進(冷え防止・改善)を図ることができるというわけです。

また、乾布摩擦や冷水摩擦を行うことによって皮膚に刺激を与え、身体の免疫力を上げると共に血行促進が期待できるため、冷え防止に効果があると言われています。

生活の中で気がつかないうちに溜め込んでしまったストレスも、自分の趣味の時間や楽しい!と思えることに時間を使って、都度都度解消していきましょう。

低血圧=冷え」は、生活環境に少し工夫を加えるだけで解消されていきますので、それを頭において過ごしましょう。

コメントは受け付けていません。