内臓の冷えをツボ押しする以外にできる簡単な改善法

内臓の冷えを改善する方法をいくつか紹介します。

内臓に冷えを解消するには、身体を芯から温めることが大切です

・身体を冷やさない程度の厚着を、、夏でもこころがけます(汗をかかない程度に)。
・一年中どの季節でも、湯船にお湯をためてゆっくり浸かることが大切です(習慣付けましょう)。
・積極的にウォーキングに取り組みましょう。

激しい運動よりも冷え解消には効果があります。

冷え改善のポイント1

第二の心臓と呼ばれるふくらはぎを意識しましょう

足はふくらはぎを使うためにできるだけ大股であるくと効果的です。
10分~15分程度でOKです。
日課にするのが難しい人は、通勤通学でいつもは電車や車を使う人であれば、その部分を徒歩を使って移動するなどの工夫をしてみましょう。

冷え改善のポイント2

・食事にも工夫を
食事にとろみを付けることにより、熱の温存効果があります。
熱を保有したまま胃に入ると、そのまま身体を温め、体温の保温の手助けをしてくれるのです。

冷え改善のポイント3

・水素水を積極的に体内に取り入れよう。
水素の力といえば、活性酸素の除去(身体の酸化を防いで老化を防止)、老廃物の排出、血行促進、血流促進、新陳代謝アップ、免疫力のアップといった効果を発揮してくれます。
この水素を一度に200~300ml、一日数回に分けて摂取することによって冷えの改善が大きく期待できます。
また、水分で血液もサラサラになり循環がスムーズになります。

ツボ押しなどもありますが、冷えを芯から改善させるには日ごろの生活に、身体の内側からアタックしていくことが望ましいのです。

冷え知らずの身体を目指して、また冷えを予防するためにも、日ごろから無理のない温活に努めていきましょう。

コメントは受け付けていません。