内臓の冷えと微熱をからだの内面から改善できる方法

身体の冷え、特に腹部の冷えや太ももの冷えは、内臓が冷えている証拠です

内臓は主に腹部に密集しており、それらの臓器が冷えるとまず腹部や太ももやお尻が冷たくなります。
外から触って冷たいのであれば、冷えが重症化している証拠です。

あなたはご自身の平熱を把握していますか?

もし体温が35℃代であれば低体温かもしれません。(平熱は37℃、日本人平均は36.89℃)

皆さん、体温が37℃後半になると病院へ駆け込んで診察受け、薬を処方してもらったり、解熱剤を出してもらうよう頼む患者さんが多いそうです。

しかし、医学に精通した人の話では37℃は平均的。
体温が高めなことは、むしろ癌に強い身体の特徴だそうです。
微熱、微熱と騒いでいる人は少し神経質になり気味かもしれませんね。
冷え症の人であれば、微熱が出る程度がちょうど良いと考えられます。

体温が上昇するのに手足の先だけが冷たい・・・というのであれば問題ですが、身体がホカホカだというくらいであれば、問題ありません。

冷え性対策は生活習慣を整えることが大事

冷え症なのに、汗をじっとりかく(多汗)、上半身だけが厚い、でも身体の末端部分は冷たい・・・そのような人は他の障害の可能性も考えられます。

このように、冷えはさまざまな症状を引き起こしてしまう、恐ろしいくせ者なのです。

冷えを内面から改善することは、普段の生活習慣を変えなければ解決しません。
漢方を処方しておらったとしても、お灸やツボ押しを試したとしても、冷え解消は長続きしません。
内面から変えたいのであれば、生活スタイルを変えて冷え知らずの身体を作り上げていくことが大切です。

食生活は整っていますか?十分な睡眠は取れていますか?運動はしていますか?
自身の一日の活動を見直してみましょう。
冷え性の人であれば、改善点・課題がたくさん見えてくるはずです。

コメントは受け付けていません。