免疫力を高めることで今ある不調を健康的に継続して見直せる方法

免疫力を高めるということは、自分自身の健康の持続を図るということにつながります。

これから寒い時期がやってきますが、気温が下がるに連れて免疫力は自然と下がってしまうのです。

そこへ、風邪のばい菌やウイルスが身体に侵入すると、インフルエンザやウイルスのいたずらで身体が攻撃されてしまいます。

そうなる前に、免疫力アップに努め、今年の冬も元気に乗り切りましょう!

免疫力を高める方法

免疫力をアップさせ、健康維持ができる方法といえば、やはり身体を温めること
ウイルスや菌や癌は、熱に弱いのです。

身体を常にポカポカと温めておくことで、ウイルスなどの進入の隙ができずにすみます。
予防ですね。

身体を温めるには、朝食を欠かさないこと・運動で筋肉をつけること・休息(睡眠を十分にとること)この3つは基本です。

朝食は一日の始まりに身体を目覚めさせてくれる効果があり、身体の体温を上げてくれて、活動しやすいよう働きかけてくれます。
仕事や学業に関しても、朝食を摂る摂らないで、集中力や記憶力も大きく変わってきます。

また、適度な運動をして体力をつけることも大切です。
筋肉量が増えると、免疫力アップと、血行促進、また自然と新陳代謝も上がり、身体の温度を下げにくくしてくれます。

ハードな運動を続けていくのは大変ですし義務感があるとストレスにもなりがちです。
なので、できるだけストレスにならない程度に、ウォーキングや軽いジョッグなどの適度な運動を心がけましょう。

気楽に取り組むことが、運動を持続させるためのコツのようです。

また、一日疲れきった身体を労わって休息を十分に与えてあげましょう。

半身浴など、湯船にゆっくり浸かることで身体を温め筋肉をリラックスさせることで、質のよい睡眠を得ることができます。

たとえ短時間であっても、睡眠の質がよいとすばやい疲労回復によってたっぷり眠った気になり身体が軽くなります。

このようにうまく身体をリセットさせ、疲れを溜め込まないことが、免疫力アップと健康の持続につながってきます。

コメントは受け付けていません。