低血圧を食事で改善するには何を食べれば良い?

低血圧で悩む人は多く、生活に支障を与えたり、生活の基本さえも億劫になってしまうほど悪化してきたりと、特に女性は辛い思いをしているひとは多いでしょう。

低血圧が簡単に予防でき、私たちができる身の回りの何かで改善できたらいいなと思いませんか?
実は低血圧は食事によって改善が期待できるのです。

低血圧の人は単純に血圧を上げることを目標にする

塩分やたんぱく質の豊富な食事を摂るようにすることで血圧上昇の効果が期待できます。
塩分は血圧を上げる働きがありますので、1日10~12gの摂取を目指すと良いでしょう。

塩分が少なくなると疲れが溜まりやすくなったり、血圧が下がります。

たんぱく質は血になるので、体温を上げる働きがあります。
肉類・魚介類・乳製品・卵・豆類を積極的に食べましょう。

また、体を温める根菜、生姜、にんにく、ねぎ類、ピリ辛食材などを積極的に取り入れると良いでしょう。
カフェインも血圧上昇には良いとされているので、食後にコーヒー紅茶、日本茶など飲むのはおすすめです。

食生活面では高血圧の人と違って塩分を控える必要はなし

摂り過ぎることさえしなければ(摂りすぎると浮腫みなどが現れる場合がある)、塩分を控える努力をする必要はないということです。
食事のとり方やアドバイスとして、

・朝食をしっかり摂る(朝一の食事は熱エネルギーを作り出し、血圧や体温を上げます)
・温かい食事を摂る(低血圧の人は同時に冷え性の人が多い)
・消化をよくするよう心がける(ゆっくりよく噛み、飲み過ぎ・食べ過ぎはやめること)

食後20~30分はゆっくり過ごすようにします。

食後30分は食べたものを消化中で、その間に激しく動くなど運動すると、消化が止まってしまいます。

食事法ひとつで血圧を上昇させることが可能です。
時刻して効果を期待しましょう!

コメントは受け付けていません。