低血圧になる原因と予防法

低血圧になる原因としては食事や運動や筋力の低下は勿論のこと、栄養失調の可能性も有ります。

低血圧に効果的な鉄分なども摂取はしていても成人の摂取量を毎日補うことは不可能なので、サプリメントなども活用して低血圧の改善の為に原因をなくしていきましょう。

低血圧の方なら誰もが感じている項目が、

頭痛、めまい、立ちくらみ、肩こり、動悸、息切れ、朝起きるのがつらい、不眠、倦怠感、吐き気、食欲不振、疲れやすい、冷え・・・などの諸症状です。

このような症状に悩まされているのではないでしょうか?

そもそも低血圧はなぜおこるの?ということについてですが、それは体の癖や生まれ持ったものではなく、ちゃんと原因が存在します。

低血圧は、心臓から血液を送り出す力が弱いことをあらわしています。
また、血液循環量の減少、抹消血管の抵抗、血液の粘稠度が減少している状態でもあります。

低血圧の改善方法

・栄養バランスの見直し(良質のたんぱく質などをたくさん摂る)
・塩分をいつもより多めに摂る(浮腫みがある人は控えてください)
・軽い運動を持続的に(血液を運ぶための禁猟をつけることにつながる)
・早寝早起きで睡眠不足を解消(十分に脳と筋肉と内臓を休める)
・ストレスの原因を突き止め、それをできるだけはやっく解消する(ストレスの蓄積はNG)
・熱いお風呂を避ける(血行促進のため熱いお風呂に入ったり、ぬるめのお湯で半身浴をする人もいますが、低血圧の人はできるだけお風呂は早めに済ませましょう。シャワーでもOK)
・人ごみはできるだけ避ける
・気温が高い時間帯の外出を避ける

また、食事のとき以外の一日の水分摂取量を1?~1.5?くらい摂るように心がける。
(浮腫みが現れた場合は控える)

仕事上立ってることが多い人や立ち作業をしている人は、低血圧になりやすく、また悪化してしまう可能性もありますので注意しましょう。

長時間立っていることにより、主に下半身に血液が溜まってしまします。その溜まった血液をそのままにしておくと、心臓に戻ってくる血液量が激減し、低血圧を起こしてしまいます。

座ったり横になる時間を作りながら工夫して作業に取り組みましょう。
生活の中に工夫ひとつで予防することができます。

コメントは受け付けていません。