低血圧で冷え性という女性特有の不調をから開放される方法

女性特有の冷え症と低血圧。

これは女性を悩ませ、将来万病の元となってしまう原因でもあるため、早めの改善が必要となってきます

女性は子宮や卵巣があるため、この部分を冷やし続けることによりそれらの臓器が固まってしまい、将来妊娠できなかったり(不妊症)、生理不順、生理痛の悪化、また、妊娠したとしても流産などといったことを引き起こす可能性があります。

低血圧とは心臓が血液を送り出す力が弱いことを言います。

これもまた、冷え症を引き起こしてしまう原因ともなりまっすので、改善が必要です。
これらの症状あら開放されたいと思っている女性はたくさんいると思います。

しかし、これらは生活習慣の見直しをするだけで簡単に解消できるのです。

見直す点として、

・適度な運動(筋肉量を増やすことで血流促進や新陳代謝アップ効果が得られます)
・バランスの良い食事(特に朝食は、体温を上げるのに必要になります)
・十分な睡眠(短時間でも、質のよい睡眠であれば効率よく疲労回復が期待できます)
・お風呂(湯船)に浸かる(シャーだけで入浴を済ませている人はいませんか?)
・冷たい飲み物や冷たい食べ物を控える(どうしてもとりたくなった場合は、その後に温かいお茶を飲むなどしてアフターケアをする)
・旬の食材を多く取り入れる(旬の食材ほど栄養価が高い)
・食事を抜くなどの無理なダイエットは禁物
・エアコンの中に長時間滞在しない(職場などでは仕方がないため、冷やさないための対策を!)
・暴飲暴食をしない(異に負担をかけてしまいストレスの原因に)
・ストレスを溜めない

などがあります。

これらを見直し、改善していくことによって、自然と冷え症が解消され低血圧の辛い症状からも開放されることでしょう。

コメントは受け付けていません。