プルーンはレバーなど鉄分の多い食べ物に含まれる鉄分量は?

鉄分の多い食品に含まれる鉄分量をご紹介します

食品100g当たりの鉄の含有量 単位:mg)

「豚肉レバー」13.0
「鶏肉レバー」9.0
「牛肉レバー」4.0
「レバーペースト」7.7
「パセリ」7.5
「ハマグリ」7.2
「牛肉」6.8
「豆みそ」6.8
「卵黄」6.0
「あゆ」5.5
「しじみ」5.3
「赤貝」5.0
「うなぎの肝」4.3
「いわし」4.4
「ほっき貝」4.4
「かも」4.3
「油揚げ」4.2
「アサリ」3.8
「湯葉」3.6
「がんも」3.6
「納豆」3.3
「青海苔」74.8
「きくらげ」35.2
「ひじき」55.0

これらはほんの一部ですが、一日に必要な鉄分量として成人男性7.5mg、成人女性推奨量:10.5mgとなります。

男性より女性が必要な栄養素、鉄分

こう見てみると、女性は男性よりも圧倒的に鉄分を必要としていることが分かります。

女性には月に一度の生理があったり、妊娠したり出産したりと血液が不足する場面が多いのですね。

しかし、このように鉄分を多く含んだ食品を摂ったとしても、一度の食事での鉄分の吸収率は10%しかないのです。

なので食物からの鉄分補給には限界があることが分かります。

そのような時にお勧めしたいのが鉄サプリメントです。

サプリメントは薬ではありません。

栄養補助や健康食品として扱われているため、副作用もなく、胃腸への負担もありません。

また、食物よりも吸収がよいことが注目されています。

いつでもどこにでも持ち運べて気軽に摂取できるといったメリットもあるため、多くの女性の方が利用されています。

サプリメントに対して不安を持っている方に、サプリメントはお勧めだ・安心できるということをお伝えしておきます。

鉄分不足を解消するために開発された、まさに忙しい女性にとっては救世主なのですね!

コメントは受け付けていません。