クーラーの風で足の冷えが治らない時は?

エアコンの風で足の冷えが治らないときは、エアコンを消すことが一番望ましいですが、そうもいかない場合がありますよね。

身体は暑くても、足が冷えてしまう。
エアコンの温度が身体にはちょうどよいのに、足先だけは冷たい。

これは筋肉量が、男性に比べて少ない女性は特に感じた経験があるのではないでしょうか?

夏のオフィスは基本、一日中エアコンがきいています。

自分の都合でエアコンを止めることもできませんし、冷えに耐えながら仕事をしている女性も多いことでしょう。
なぜ、足先だけが冷たいのでしょうか?

足の血管を圧迫しないようにして血行不良の根源を無くす!

足が冷える場合は、足首周りの血管を圧迫しないように靴下は履かない方が良いのです。靴下でムクミ解消などの効果も確かにありますが、それは血管の圧迫をしているので

靴下をはかないと風にさらされて寒い場合は、タオルやひざ掛け、毛布生地のもこもこスリッパなどを利用して、できるだけ締め付けない環境においてあげましょう。

また、長時間同じ姿勢で座っていたりしていませんか?
これもまた、血流が悪くなる原因のひとつです。

座ることにより圧迫される腰周りの血管や太ももの血管で血流が滞ってしまうのです。

ですので、長時間同じ姿勢の場合は、こまめに立ってあげたり歩いてみたりと少しでも身体を動かすよう意識しましょう。

座ってできるストレッチの「足首ストレッチ」と「体側伸ばし」で身体のポンプ機能の正常化を!

「足首ストレッチ」

椅子に座ったまま、こまめに足首を曲げ伸ばしするだけ!

「体側伸ばし」

両手を頭の上に乗せ(できたら両手を一杯に伸ばして上で組むといいが、仕事中はそうもいきませんよね)、ゆっくりと右に倒し、体側がビンと張るのを確認したら、呼吸を大きく5回、そして元に戻ってきます。

逆(左側)も同様、ゆっくりと身体を左に倒し体側がビンと張るのを確認したら、大きく5回深呼吸。
このような方法があります。

筋肉は血液を送り出すためのポンプの役割をしていますから、血流促進するために積極的に筋肉を動かしてあげましょう。

コメントは受け付けていません。