アルコールに弱い方でも未病を治せる方法

なんだか体調が優れない・・・診察しても病気の原因は見つからない・・・
また、

・身体が冷える
・不眠
・胃腸の不調
・疲れが溜まる(抜けない)
・食欲不振
・頭痛
・寝起きが悪い
・顔色が悪い

などと感じたら「未病」の可能性があります

未病の治療法はさまざまですが、適度なアルコールを取ることによって身体が温まり、新陳代謝を整えて冷えから身体を守ってくれます。
また、胃腸の調子が悪いときでも、食前酒を飲むことで胃腸にほどよい刺激を与えて活動を活発にしてくれるため、消化不良の改善や、胃腸の調子を整えてくれる効果があります。

そして、適度なアルコールは不眠に対しても働きかけ、体温の上昇により質のよい睡眠に導いてくれるとも言われています。
肉体疲労が続いている人には適度なあるコースを摂取することにより緊張を解きほぐし、筋肉疲労を和らげてくれる効果が期待できます。

しかし、アルコールが苦手という人もいるでしょう。
そのような人には、お猪口一杯でもスプーン一杯でもいいので挑戦してみてください。
普段から飲酒の習慣のない身体に急にアルコールが入ってくると、たったその量でも刺激を受け効果が期待できます。

アルコールを摂取すると顔が熱く感じます。
それは血行促進の証拠なのです。

しかし、飲みすぎはよくありません。逆に冷えを引き起こしてしまいます。
どうしてもアルコールが飲めず、口につけるのも嫌な人は、温かい飲み物を就寝前にゆっくりと飲むことで、血行促進と新陳代謝アップ、免疫力アップの効果が期待できます。

また、身体の冷えを防ぐ、根菜・生姜・薬味・スパイスなどを積極的に摂取すると良いでしょう。
何より食事のバランスが大切です。
身体を労わって病気を防いでいきましょう。

コメントは受け付けていません。