むくみの悩みをスッキリ取れる半身浴の効果

朝起きると顔がむくんでいる、夕方になると足がむくみ靴がきつくなるなど、むくみに悩む人は大勢います。

むくみの源は、体内の水分です。人間の体の6割以上が水分から成っていますが、その中でも特にリンパ液がむくみに直接関係します。

リンパは血管に絡みつくように体のすみずみまで流れている液体ですが、むくみはこのリンパ液が過剰に滞ることによって起こります。リンパの流れは筋肉の動きに連動して動くので、もし筋肉が動かなければ、リンパが流れなくなりむくみがおこります。

むくみは血行促進と筋肉をほぐすことで解消される

半身浴をすれば汗も出て、血液とリンパの流れがよくなります。リンパの流れが活性化すれば、体の余分な水分や老廃物が排出されやすくなり、むくみを効果的に解消できます。

半身浴では38度から40度くらいのぬるま湯で、みぞおち辺りまでしかつからないので、ゆっくり長時間お湯につかっていられます。そのため水の圧力が体にかかる時間も長くなり、効果的にむくみを解消することができます。

通常の入浴では42度くらいの高温の全身浴のため、短時間しかお湯につかっていられません。短時間なので肌の表面しか温まらず、芯が冷えたままのことがあります。すると全身の血行がよくならず、むくみの解消にはなりません。

またぬるいお湯にゆっくりつかることで、筋肉や血管・内臓までじっくり温まり、体が芯から温まります。

また半身浴にはストレス解消・リラックス効果もあるので、睡眠の質を上げることもできます。質の高い睡眠もむくみ解消につながります。

半身浴中に優しく筋肉を揉みほぐしたり、リンパマッサージを行うことによって、さらに効果的にむくみを解消することができます。

コメントは受け付けていません。