ふくらはぎのツボ押しと同時ケアで血液の巡りを改善できる飲むだけサプリ

血液のめぐりに効果的な「ふくらはぎのツボ」をご紹介します。

「委中(いちゅう)」
膝の裏にある凹みが委中というツボ。
このツボを押してみて痛いと感じるのであれば、腰痛・坐骨神経痛・浮腫みがある場合があるので、ゆっくりポンプ作用のように押し出すイメージで押していきましょう。

「承筋(しょうきん)」
ふくらはぎの裏側の一番太い部分の中心部にあるのが承筋というツボ。
このツボは、足の疲れを感じている(乳酸が溜まっている)時にお酢と痛みを感じることがある。
息をはきながらゆっくりと押していくと血流促進が期待できる。

「承山(しょうざん)」
ひざ裏と足首のちょうど真ん中にあるのが承山というツボ。
主に腰に何か変化が起こる前に張る(浮腫む)事がある。
このツボが浮腫んできたり、押して痛みを感じたら、腰痛やぎっくり腰が起こる前触れだと考えて気をつけよう。

「承間(しょうかん)」
承筋と承山の中央にあるツボ。
これはふくらはぎの浮腫みが出ると痛みが発生するので、ゆっくりと力を入れずに押していき血流を促す。

ふくらはぎは「第二の心臓」といわれているので、その部分を温めることで、筋肉のポンプ作用(血液を送り出す筋力)を促し「足のむくみ」を解消したり、他にも、血液やリンパの流れを改善し、血液循環が促進することで代謝機能がアップすることにより、全身が温められ冷え症を改善することができます

これに加え水素サプリを取り入れることで、活性酸素の除去や老廃物を効率よく押し流してくれるため、より一層高い効果が期待できるでしょう。

コメントは受け付けていません。