お腹が冷たいのを放っておくと不妊の原因に?血行をよくして冷え性改善

冷え症だと感じている人の多くは、お尻や下腹部、太ももの裏が季節問わず冷たいという人が多いでしょう。それは紛れもなく冷えです。
冷えの原因は身体の血行不足、血流不良が主です。

血行や血流をよくすると自然と冷えはなくなります

冷えが原因となって引き起こる病気はいくつもあります。

・神経系のバランスが崩れる
・低血圧を引き起こす
・思考力の低下
・臓器の機能低下

また、女性であると、生理痛が重くなったり、生理不順、また不妊症の原因となります。

お腹が冷えることによって、子宮も冷えてしまいます。
それを放っておくと、子宮が冷たく緊張した状態で固まって硬くなってしまいます。
赤ちゃんを受け止める大切なベッドの役割をしている子宮が冷たくカチコチであると、受精卵も着床しにくく、流れてしまうのです。
命を育てる大切な臓器ですので、そこを労わり生活をおくる必要があります。

受精力や妊娠力はあるのに、胎児を育てるための環境が整っていないだけで不妊症となり、残念な結果となってしまいます。
とてももったいないことです。

子宮を日ごろから温めて、柔らかさを保っておくことは、女性としての自分の身体を守るための努めです。

手足が冷えた場合、まずは腹部から温めましょう

主に体幹部分から全身へと、温かい血液が運ばれていきますのでその元となるお腹辺りを重点的に温めていきましょう。
腹巻も使用したり、暖かい飲み物を飲んだりします。

寒いからといって密着度のある締め付けタイプの下着や服はNGです。
逆に血液が流れなくなってしまうためです。

薄着をせず、日常生活の中で体の芯から温めていくことが、冷え症改善の鍵となります。

コメントは受け付けていません。