お灸よりも経済的に冷え性を改善できる方法

冷え性でお悩みの女性の皆さんは、いろいろな対策をされていると思います。
冷えは、女性特有の器官や臓器に対してものすごい影響を与えます。

冷えが原因で不妊症になったり、妊娠中の場合は流産を引き起こす危険性もあります。
ですので、冷え症の人も、冷え性でない人でも日ごろから温活を実行することが大切です。

日常生活で実行できること

・栄養バランスの整った食事を摂る
・十分な睡眠
・適度な運動
・湯船に浸かる
・ストレスを都度都度解消し、溜め込まない
・マッサージやストレッチをする

などがあります。

しかし、症状が重く自分の力で改善できない人は、鍼灸に通ったりしていると思います。
お灸や鍼を打つことで血行促進を図り、冷えを改善する方法です。
しかし、鍼灸に通うとなると、時間もお金も必要・・・。
一度行ったからといって永遠に冷えが改善されるわけでもなく、続けなければ意味がありません。

定期的に通うのも大変ですよね。

自分でもできるお勧めの方法が「ツボ押し」

ツボ押しは即効性もあり、すばやい血行促進・血流促進が期待できます。
どのようなツボがあるかというと、

・気海(きかい)
おへそから指2本分下に存在する冷えに聞くツボです。

・湧泉(ゆうせん)
土踏まずの中央の少し上にあります。足の指を曲げた時に少しへこむところに存在します。

・三陰交(さんいんこう)
内側のくるぶしから指4本分上の、骨と筋肉の境目に存在するツボです。

・合谷(ごうこく)

手の親指と人差し指の骨が合わさった場所から少し人差し指寄りに存在するツボです。
これらのツボを、爪を立てず、息をはきながらゆっくりと5秒かけて押します。
そのあと、5秒かけて力を抜いていきます。

タイミングはお風呂上りや就寝後がベスト

しかし、オフィスなどで冷えを感じている時でも効果は得られます。
ツボ押しは道具もお金も時間も気にせず自分の手で行うことができます。
活用していきましょう!

コメントは受け付けていません。